【予想】京成杯

Pocket

中山のメインは京成杯(GⅢ)です。
3歳馬による別定戦です。

では、さっそく予想です。

中山11R・京成杯~

◎プランスシャルマン
○マイネルラフレシア
▲メートルダール
△ユウチェンジ

としてみました。

◎プランスシャルマン…しぶとい走りに期待。
デビューから期待していた仔なので、
期待分を加算して◎にしました(^。^;
ただ、能力的にも十分に戦えるのことは
間違いないと思います。前走がパッと
しなかったのは事実ですが、好位置で
レースをしていた割にはチグハグな
走りをしていたと思います。道中ずっと
力んで走っていたようです。最後の
直線も抵抗しているようでした。
切れ味で勝負するというより、スピードの
持続力があるタイプ、じわじわっと
伸びてくるタイプだと思います。
前走がガス抜きになって、折り合って
気分よく走ってくれれば…混戦の中、
勝ち抜いてくれないかなぁと。

○マイネルラフレシア…実力上位で安定。
前走こそ、勝ち馬などの標的にされて
しまい惜敗しましたが、同馬にとっては厳しい
展開の中で粘り切ったのは評価すべきです。
好位置でレースを運べれば、新馬や前々走の
ように最後もしっかりと伸び切れるかと。
好位置でレースが運べるのも中山向きで、
今回のメンバーでは最有力候補かなと。
◎と直線で競って…というのが自分的には、
願ったり叶ったりという展開です。

▲メートルダール…末脚炸裂するか。
前走の勝ち方が鮮やかでした。
勝った相手も実力馬といっていい
ヒプノティストでしたし、魅力的な一頭です。
今回も後方からというレースになると
思います。前の有力馬に届くかでしょう。
力関係としてはヒプノティストとの
比較がいいのかなぁと。○と△も、
アイビーSでヒプノティスト(3着)に先着
しています。その辺を考慮して▲に。

△ユウチェンジ…実績上位。
○と並ぶくらいの評価です。GⅠで好走して
いますし、このメンバーなら勝ち負けが
あってもよい存在だと思います。
直接対決で○に降着していることと、
好走はしているものの、未勝利勝ち以降、
勝ち切れていないということから、
少し評価を下げて△にしました。



まだ力関係が不明なところもありますし、
これから成長も見込める仔たちばかりです。
印つけていないところでも、ナムラシングンや
ブレイブスマッシュも気になりました。

色々期待が膨らむ一戦です。



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です