【結果】共同通信杯

Pocket

荒れ模様になった先週末の
共同通信杯を振り返ります。

東京11R・共同通信杯~

1着・ディーマジェスティ
2着・イモータル
3着◎メートルダール

6着▲スマートオーディン

9着○ハートレー

ハロン・タイム:12.7-11.3-11.8-12.1-12.1-11.8-11.5-11.8-12.3
上がり:35.8-35.6…M

20160214_共同通信杯_成績_スクリーンショット (22)

厳しいとまではいかないですけど、
緩みのないミドル・ペースとなりました。

そして、そのペースが波乱の要因に
なったと思います。

ディーマジェスティ…堅実な好走を好評価。
△をつけようか最後まで迷ったのですけど、
少頭数ゆえに印をつけることをせず…
結果、やっぱり△をつけとけば予想も
恰好がついたのになぁと後悔先に立たず=3
前評判の高かった2強が共倒れになってしまい、
その凡走ぶりの方に注目が集まっているため、
この仔の快走についてはまともな評価が
されていないように思えます。
中団待機から直線で追い出しされて、
先頭を差し切るという正攻法の競馬で、
強い勝ち方だったと思います。
緩みのないペースを追走していき、
前が止まりにくい現在の府中の馬場で
しっかりと前をとらえたのは見事でした。
勝ち上がるまでに数レースかかったものの、
上りは全て最速で末脚はしっかりとした
ものを持っています。血統的にも、
現役を含め活躍している兄達が上にいて
素質も申し分ないと思います。
まだ地味な存在で、今回の勝利をしても
注目が集まることはなさそうですが…
こういう仔こそ注目したいと思います。
穴馬となる要素たっぷりです♪

イモータル…展開に恵まれたレース。
デビュー以来、ネットなどで評価の高い
仔ですが…個人的にはクラシックで上位を
争える存在ではないかなぁと疑ってました。
それなりの素質と能力はあると思いますが、
タイトルを争える逸材ではないかなぁと。
今回、それなりのペースのなか、
2着を確保したのはその素質ゆえかと…
しかし、やはり上が見える感じではないと
思いました。このペースでもしっかりと
レースができているのは評価します。
そのスピードと持続力がいきた展開と
なりましたが、2着は展開がハマった面が
大きかったかなぁと。これで仮に後続を
突き放して、勝っていれば当然に
評価を改めなければいけないところ
ですけど…勝ち馬には完敗でしたし、
3着馬も何とかしのげたのかなと。
正直、もっと先の仔だと思ってます。
秋以降、むしろ古馬になってから、
長距離でしぶとく活躍するのではない
かなぁと。順調に成長して欲しいなぁと。
いずれにしても、他の3歳馬の実力を
測るうえでこの仔を基準にするのは
有効なのではないかなぁと思います。

メートルダール…末脚確かだけど。
うーん、評価は確かなもののとなった
ものの…難しいなぁと思ったレースでした。
後方からいつもの競馬。ハートレーを
マークしていた分、直線で追い出す
タイミングが鈍ったようですけど…
外を走って最後までしっかりと前との
差をつめて3着まで確保してのは
見事でした。今シーズンの府中の
レースで外を走って、着順を
上げてくること自体がまず稀なので、
これはかなり評価していいかなと。
個性的な仔だなぁと思いました。
ただし、やはり現状のままでは
不器用すぎるなぁと。
それでも“勝つ!!”…となると
よっぽどの抜けた能力が必要に
なってくるのかなぁと思います。
もしくは同等な展開の助けが必要かと。
期待してしまうタイプなのですけど…
うーん、その辺の見極めが難しいなぁと。

スマートオーディン…掛かり過ぎ。
期待を裏切ってしまった2強の一角。
同馬については気性が何とかならないと
能力の発揮もないかなぁと思いました。
スタート後、向こう正面から鞍上は
手綱を引っ張り続けてました。
ずっと武豊騎手の脇は閉まって、
背中は立ち気味な状態でした。
直線で全く手応えなく伸びなくても…
それはまぁなるべくして、仕方ないかなと。
今回くらいのペースで、あれだけ道中、
力みっぱなしなら、余力も残らなかった
のだと思います。それでも突っ込んで
くるような怪物クラスではないことも
確認できたかなぁと。とりあえず、
折り合えるようにならないことには、
この先は難しいかなと思いました。

ハートレー…負け過ぎ。
正直、ここまで負けるとは全く予想
してませんでした。直線で脚が鈍って、
突っ込んできた仔に追い負ける…
ってことはあるかも、という予想は
あったのですけど。
直線に入った辺りで全く手応えナシ=3
っていう姿は予想外でした。
もしかして故障かも…とも思ったのですけど、
特にそういう話もでてないようです。
レース前からやる気がなさそうだった…
って話もあるので、精神的なものかも
知れませんが…見た内容から分かる範囲では、
やはりペースについていくのが精一杯と
なってしまった、ということかと。
力強かった前2走のスローと違って、
今回はそれなりのミドル・ペース。
前半でこのペースについていくために、
脚を使ってしまい…直線では一杯いっぱい=3
余力なしだったと評価するのが
妥当なのかなと思います。
これはまだ経験値の少ない仔では、
予想しずらいことで、実際にレースで経験して
みないと判別のしようもないかなと。
その仔の適正や素質、体力的なものなので…
予想のし難いことだと思います。
前週のサトノダイヤモンドのように全く
問題にしないケースもありましね。
今後はとりあえず気を取り直して、
別のレースを試してみればいいかなと。
評価もし直しで(^_^;)
スローでないと現状は力を発揮できない
タイプかも知れませんし、たんに今回は
若駒ゆえの度外視すべきレースなのかも
知れませんしね。クラシック路線からは
大きく後退したように思いますけど。
競馬って難しいと改めて感じました。



このレースも全く読み切れませんでした。
競馬って難しい…周りの評価に流されては
いけないなぁと改めて思いました。



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です