【雑記】中山競馬場に行ってきました~…京成杯AHの回顧も

Pocket

2016.09.11. @中山競馬場



久しぶりに、現地へー。

ということで、先週末の日曜日、
中山競馬場へ行ってきました♪

_storage_emulated_0_silentcamerasoft_1473558663539_600



…朝からだったので、【予想】の
更新できませんでしたo(_ _o)



もとい。

東京在住なので、東京競馬場と中山競馬場へは
都合がつけば、観戦に行きます。

開催シーズンによって、ちょこちょこ通っている
こともありますが…今年はなかなか機会がなく。

(´・ω・`)



秋シーズンも始まったし!!

と高まる気持を抑えられずに、船橋法典へ。



やっぱり、現地観戦が一番ですね!(^^)!

朝一からワクワクする気持ちを抑えられず…
でした、笑…寝不足も何のその。



さて、結果は…散々でした><

全く当たらず=3っていうクズでした~。



…やっぱり競馬は甘くないですね(--〆)



1Rから、もう暗雲漂う感じで。

ユメキチョンを軸にしていたのですが、
ご存知の通り…落馬事故=3

内ラチ沿いで、故障馬の後ろにいた
ユメキチョンはもろに巻き込まれました。

3角を回って、さぁここから!!

ってタイミングだったので、残念でした。

3頭が巻き込まれる事故でした。

…石川騎手(←以後のレース、乗り替り)、
大丈夫なのでしょうか。

シュハリは予後不良になってしまいました。

…言葉がないですね。黙祷。



暗雲が漂うアクシデントから始まり、
「今日、駄目な気がする…」と。

まぁ、その通りで:;(∩´﹏`∩);:



ハイライトも何もないんで、結果はおいとて。

_storage_emulated_0_silentcamerasoft_1473565531738_600

_storage_emulated_0_silentcamerasoft_1473569132616_600

…初、藤田菜七子騎手でした。



この日は3鞍に騎乗していました。

魅せ場は6Rの新馬戦、
シルヴァーメテオで3着でした。

4角を周った時は、かなりいい手応えで
「お、勝つか」と…場内がこの日一番くらいの
騒然とした雰囲気になりました。

もう一伸び、伸び脚が足らないという結果で、
場内からは…

「また追えねぇな」
「やっぱ力不足だな」
「駄目だなぁ」

とかため息交じりの声がちらほら。

ただ、自分的な評価としては、
いい騎乗だったと思っています。

後方からのスタートでしたが、
向う正面からじわじわと追い上げていって、
直線に入り、一瞬「おっ」っていうレース。

他のレースを見ていても、ちゃんと勝負を
しにいっているレースが多いと思います。

惨敗が多く、夏場は勝ててませんが…
馬質と騎乗機会を考えれば。

「むしろ、よくやっている」
「かなり頑張っている」

と思います(;^ω^)

女性騎手&かわいいってことで、
話題を集めていますが…

競馬村で最重要の厩舎やエージェントに
恵まれておらず、今年の新人のなかでも
かなり不利な立場だと思います。

まぁだから何だ、って話でもありますが。

個人的には、騎乗フォームも綺麗だし、
積極的な競馬をする騎手だと思うので。

何とか、頑張って欲しいなぁと思います。

応援\(^o^)/



さて、レース。

まぁ書いた通りでハイライトなし…
で書くこともありませんが。

メインの京成杯AHは、

◎トウショウドラフタ
○ダノンプラチナ
▲ロードクエスト

という感じの予想で勝負しました。

結果、ロードクエストの快勝!!

2着に穴人気のカフェブリリアント。
ダノンプラチナは3着。

ドウショウドラフタは、6着でした。



生で見た感じの感想。京成杯AHの回顧。

ロードクエスト…
久しぶりの重賞制覇。完勝でしたね。池添謙一騎手がこの仔の良さを上手に引き出したと思います。最初の印象が良かった分、その後のクラシック戦線での不調で、3歳世代の中で「3軍」扱いされてしまっていますが、自分としては世代上位の実力と能力を持っている仔だと思っています。現状はマイルが最適のようですが、中距離戦線にも挑んで欲しいなと思います。同世代の人気馬との対決で人気落ちするようなら、積極的に狙いたいです。末脚がしっかりとしていて、魅力ですね。マツリダゴッホ産駒ということもあり、デビュー以来で好きな仔なので、馬券的には外れましたが…この仔が勝ったことは、単純に嬉しかったです。

ダノンプラチナ…
休み明けですが、能力を存分に発揮できればマイルでは指折りの存在だと思っています。モーリスと戦える仔だと思うのですが、色々不都合が重なってますね。今回は次へのためのレースだと割り切った方がいいのかも知れません。今レース自体、ある程度、目論み通りのレース展開だったと思いますが…直線で弾けませんでした。富士Sのような鬼脚は見られませんでした。これが現状の実力なのか、休養明けの余裕ゆえか…ちょっと判断が難しいところですね。次は、これからの調教状態などを吟味して、のりしろを探っていきたいかなと。万全で挑めれば、いいのですが。

カフェブリリアント…
気性難な仔でほとんどのレースが最後方からの直線勝負で、後方伸びる…っていうレースが最近のデフォでした。個性的で魅力ある仔なんですけど、重賞クラスではちょっと厳しいかなと一般的にも(自分的にも、苦笑)…思われていましたが、別馬のように折り合って末脚しっかりで2着に食い込みました。「落ち着いてた」的な陣営からのコメントをレース前から散見していましたが、その通りのレースでした。年齢的なものでしょうか、今回のようなレース運びができるようなら、もともと能力的には重賞レベルなわけで、次走以降も楽しみですね。もう数少なくなってしまったブライアンズタイム産駒です。

トウショウドラフタ…
最後方からの競馬となってしまいました。4角も大外を周るかたちとなってしまい、それだと中山では勝てるわけないよ…っていうレースでした。残念。ただ、直線だけ最後方から6着まで、着差も0.6sまでしっかりと詰めており、これはこれで評価できるレースだったと思います。次レース以降、積極的に狙っていきたいと思います。良績が1,400mまででマイルだと切れ味が鈍るという評判でしたが、今回はマイルで多少なりとも「らしさ」を感じるレースをできたのが何よりも収穫かなと。1,400m専用機だと今後の選択肢が極端に少ないですしね。それと、道悪相性の良さなども考えると、スピード勝負より持続力や体力勝負の方が相性がいいのかなと。重馬場はもちろん、坂道のあるコースなどクセのあるところに適性があるのかなと。今後、末永く追いかけていきたい仔だと思います。



っていう印象を受けました。

上記の4頭はいずれも好きな仔たちで、
そのレースも動画や生観戦でも何度も観て、
応援して…馬券も買って、

当たったりハズたり…

なので、今回たまたまでしたが、
直に見られてよかったです!♪



そんな感じで、馬券的には惨敗、完敗…

な一日でしたが、次につながる種はあったかも。



何より、楽しかったです!!

やっぱり競馬は競馬場で、が一番ですね。



楽しかった(*´▽`*)



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください