[予想]ラジオNIKKEI賞

Pocket

夏競馬、本格始動ー。

ってことで、夏競馬初日だった昨日は、
さっぱりでした…

やっぱり福島は鬼門です(^^;

小回りで、器用なタイプの仔を信じるのが
不得意なんですよね。

どちらかというと、逃げだったり、
末脚勝負だったり…どっちかというと
極端なタイプに惹かれる傾向があります。

先行ちょい差しタイプ、要は器用なタイプが
活躍しやすい福島や小倉などの小回りは
ホント苦手なイメージがあります。

小回りでも、中山で活躍するくらいの
個性派なら…とか思ったり。

…ハイ,言い訳です(/・ω・)/ホホ,ホーイ=3



地道に頑張りますー。



ということで。

今日の予想は、福島のメイン、
ラジオNIKKEI賞です。

夏競馬の始まりを告げる、風物詩的なレースです。

それでは予想です。



福島11R・ラジオNIKKEI賞~

◎ビービーガウディ
〇クリアザトラック
▲サトノクロニクル

としてみました。



[短評]
 開幕週で先行組に利がありますし、ウインガナドルやニシノアップルパイが積極的にレースを引っ張ると思います。ペースが緩むことはないと思いますが、小回りで4角があるコース形状ですし、極端な展開にはならないかなと。Mペースを予想。
 ビービーガウディを◎にします。芝でデビューしましたが、ダートで初勝利をあげました。その後、門別でJⅢへの挑戦もありつつ、500万で好走を続けるものの、勝ち切れない足踏み状態が続きました。前々走、再び芝へ路線を切り替えました。その前々走で、後のレースで重賞を制し、オークスで2着なったモズカッチャンに次いでの2着となりました。この走りが良かったと思います。勝ち馬が先に抜け出し、半馬身ほど遅れての併せ馬の形となりましたが、ゴール手前で馬体を合わせにいくような形になりました。勝ち馬に勝るとも劣らない能力を感じる走りだったと思います。そして、前走で勝利。クビ差ですが、完勝という感じのレースだっと思います。時計面で目立ったところはないようですが、相手関係を考えると、ここでも勝負できるのかなと思います。人気も薄くなっていますし、馬券的にも妙味があると思います。鞍上はオーソドックスというか、(特に芝では)機転が利くタイプではないと思うので、展開の助けは欲しいですが、狙ってみる価値はあると思います。
 クリアザトラックを〇にします。デビュー勝ち後、重賞では活躍できなかったものの、ここまで5戦で3勝と将来性を感じる戦績を残しています。注目したいのは前走、初の古馬との対決となりましたが、降級馬もいるなかでの1,000万以下のレースで完勝しました。立派です。紙面から厩舎サイドの評価は、まだまだ粗削りというか、成熟するのはまだ先と将来を見据えているようですが、前走を見ると未完成ながらも、ここを勝って、今後の踏み台とできるだけの将来性を感じます。鞍上の予定だった田辺騎手が昨日(1日)のレースで落馬負傷してしまい、乗り替わり(北村宏騎手が騎乗予定)になるのはマイナス・ポイントかなと。
 サトノクロニクルを▲にします。ここまで5戦して2勝、そして5戦とも連体しており、ここまで抜群の安定感を魅せています。機動性や器用さがあるタイプではなさそうなので、福島でどうなのかなとは思いますが、出足が鈍いわけではないですし、福島の小回りだからという理由だけで評価を落とすのは無謀かなと思います。上位争いはしてくると思いますが、今回は人気も集めていて、配当的な妙味は少なそうです。相手関係を考えても、絶対的な存在とはいえないので、他から組み立てていった方が面白いのかなと思います。



今年は最初にも書いた“夏競馬下手”を解消できたらいいなと。

新潟や中京では、それほど自分の戦績も悪くないので、
なんとか福島の見極められるようになりたいです。

でも、やっぱり平坦の小回りって難しいですね(;´・ω・)



加えて、ハンデ戦ってことで、予想さらに難くなりますね。



今年は、サマー・シーズンをプラスにしたいなぁと。
負けて凹まず、勝って驕らず…

頑張っていこうと。



美味しかったです!!
ご馳走様でした。



麺じゃ。

…φ(._. ;)…

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です