【予想】CBC賞

Pocket

雨の可能性もありましたが、
中京競馬場は晴れているようです。

馬場状態は、

芝:良 ダート;稍重

となっているようです。
これから天候が崩れたりするのでしょうか。

今回は、中京メインのCBC賞の予想をしたいと思います。
サマースプリント・シリーズ第2戦です。



中京11R・CBC賞~

◎トウショウドラフタ
〇メラグラーナ
▲ティーハーフ
△トーセンデューク

としてみました。



[短評]
 50kgと軽ハンデのアリンナがハナから飛ばしそうです。先行脚質の仔も多く、前半から積極的なレースになりそうです。直線で差し馬の台頭もありそうです。Hペースを予想。
 トウショウドラフタを◎にします。1,400mのスペシャリストで、マイル以上の距離では流れが遅くなる分、末脚が活かせないようです。早い流れについていき、末脚を伸ばせるのが魅力です。近走は1,400mでも掛るような気配があるので、短くなるのは問題ないのかなと思います。1,200mの前々走も末脚はしっかり伸ばしていました。直線が長いのはこの仔にとって有利ですし、ここを勝ってスプリントで上を目指したいところです。
 メラグラーナを〇にします。スプリント戦線の主役となることへの期待も大きい牝馬です。ただ、勝つ時は鮮やかな勝ち方をする一方で、負ける時は大敗してしまう…ムラっ気が気になります。重馬場は苦手のようです。人気も集中していますし、重馬場となったら思い切って外そうかなとも思っているのですが、今日は天気も悪くなさそうで、やはり中心視するべきかなと思います。順当なら勝ち負けになると思います。
 ディーハーフを▲にします。末脚の伸びは安定しています。近走のOP特別でも安定して末脚を伸ばしています。惜敗が続いているものの、すべて僅差です。後方からの競馬なので、展開次第だと思いますが、鋭く突っ込んでくるのは間違いないと思います。嵌れば勝ちまであるかも。
 トーセンデュークを△にします。初の重賞挑戦だった前走も差はつめていて、力が通用することは示せたと思います。以前に比べて折り合いがつくようになってきたのが、近走の上昇傾向を支えているようです。前々走は中京でレコードも出していますし、勢いを評価したいです。鞍上も心強いです。



昨年はレッドファルクスがここを勝ち、
その後のGⅠ勝利へ繋げました。

混戦気味のスプリント戦線ですが、
ここを勝ってレッドファルクスへの
挑戦権を得たいところです。



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください