【予想】秋華賞

Pocket

今週末は、天候に恵まれませんね。
東京は小雨です。京都、新潟は曇りのようです。

今日は、京都で秋華賞です。
牝馬クラシックのラストです。

オークス馬のソウルスターリングが別路線を
選択したため、今回は不参加ですが…

世代を代表する若姫たちが揃ったと思います。

では、予想です。



京都11R・秋華賞~

◎モズカッチャン
〇リスグラシュー
▲ディアドラ
△ラビットラン

としてみました。



[短評]
 カワキタエンカが今回もレースを引っ張りそうです。出脚次第では、最内枠にいるアエロリットが前走に引き続き、逃げる展開になるかも知れません。各馬、折り合いをつけての追走となると思いますが、内回りですし、ポジション取りや仕掛けるタイミングが重要になりそうです。Mペースを予想。
 モズカッチャンを◎にしました。デビュー3戦目で初勝利をつかみ、そこから3連勝でオークスへの権利を掴み、見事に2着となりました。最後までしっかりと脚を伸ばせるのが魅力ですね。好位置を確保することもできますし、京都を走ったこともあるので(外回りですけど…)、舞台的にも問題ないかなと思います。前走は凡走でしたが、今回を見据えての調整であり、伸びをかいたのも致し方ないかなと思います。一叩きして、状態も確実に上向いているというそうなので、オークスで2着となった実力を信じたいと思います。鞍上も勝負強いですし、期待したいです。
 リスグラシューを〇にました。2歳の頃か活躍していて、阪神JF、桜花賞、オークスと全てに出走して、2着2着5着と好走を続けています。シルバー・コレクターや助演女優賞的な立場になってしまっていますが、秋華賞を含めて、そのすべてに出走しているのこの仔とレーヌミノルだけで、この世代を代表する仔であることは間違いないと思います。最後の一冠を奪って、雪辱を期したいレースだと思います。末脚の鋭さはメンバー上位、展開が向いてくれるかどうかだと思います。鞍上ともコンビを組んで、クラシックを戦っており、心強いと思います。調教でも好時計がポンポンと出ていますし、最後の一冠へ期待は膨らみます。
 ディアドラを▲にしました。夏から再始動し、連勝でこの舞台に挑みます。夏の上り馬という分に気もあるのですが、桜花賞もオークスも出走しており、ともに上り最速をマークしています。地力のある仔だと思います。夏を越して、さらに充実してきたというところだと思います。前走の紫苑Sは出遅れ気味で最後方からの競馬でしたが、直線を大外一気で圧巻の勝利でした。荒っぽい競馬ですが、その分期待は高まりますね。鞍上がファンディーナを選んだので、今回はC.ルメール騎手が初騎乗です。鞍上強化と言っていいのか、テン乗り…何と評価すればよいのか複雑なところですが、間違いのない鞍上だと思います。◎もそうですが、ハービンジャー産駒の活躍が目立ちますね。目が離せない1頭です。
 ラビットランを△にしました。デビュー戦で勝利以来、ダート路線を走っていましたが、芝に切り替えた前々走で抜群の末脚を発揮して、2勝目を上げ、その勢いのまま前走ではGⅡを制しました。特に前走は前哨戦とはいえ、今回参加している主要メンバーも揃ったなかでの完勝で、価値があるものだと思います。今回が試金石でもありますし、この仔自身まだ全く底が見えていない状態で、何が起こるのか…わくわくするレースだと思います。夏の上り馬、芝まだ3戦目、タピット産駒、和田J…など話題もたっぷりですし、何か起こしてくれそうな気がします。



他にも気になる仔はいっぱいですが…
今回は上記にしました。

カワキタエンカは先行の利、レーヌミノルは桜花賞馬で
今回は馬場も向きそうで…でも人気なさすぎで魅力あります。

アエロリットは距離不安で外しました。
ファンディーナは前走の内容から外しました。

リカビトスは未知の魅力が詰まっています。
ミリッサも魅力に満ちてますが、トップスラスとの
力関係も未知な部分が多く…評価しづらいなぁと。



最後の1冠はどの仔に輝くのか。
楽しみです♪



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください