【予想】京成杯

Pocket

今日も空気は寒いですが、
からっと晴れた青空が広がる日です。

今日の予想は、中山メインの京成杯です。
明け3歳馬によるレースです。



中山11R・京成杯~

◎ジェネラーレウーノ
〇ダブルシャープ
▲イェッツト
△タイキフェルヴール

としてみました。



[短評]
 内枠のコスモイグナーツがハナを主張しそうです。大外枠に入ったジェネラーレウーノも前にいくと思いますが、コスモが主張するなら、競り合うこともないと思います。Mペースを予想。
 ジェネラーレウーノを◎にしました。夏に一走して3着、間隔を空けて秋に未勝利戦を逃げ切って勝ち上がり、前走も逃げて連勝しました。前走はタイムも上々で、2着馬も次レースで勝ち上がるなど内容のあるものだったと思います。その前走も物見が酷かったらしく、気性的にまだまだ子供で、全力を出してはいないとのこと。一戦一戦、成長していくと思いますが、このレースでどんな伸びしろを魅せてくれるか楽しみです。
 ダブルシャープを〇にしました。門別でデビューして、札幌で中央への足掛かりをつくり、前走はG1にまで出走しました。魅力的な戦歴の仔です。その前走は入れ込みようなところもあって、全力は出し切れなかったですが、G1の舞台で強豪を相手に、それなりのレースをしたと思います。十分に力はあるなと。今回は、相手関係がぐっと軽くなっており、ここは地力の違いを示したいところだと思います。落ち着いて走ることができれば、結果はついてくるのだろうと期待します。
 イェッツトを▲にしました。前走は、デビュー勝ちでした。好位置につけて直線に入り、ぐっと力を入れたと思うと、そのまま抜け出しての勝利でした。上りも加速ラップ(11.4s→11.3s)でしたし、ゴール板を通過してもまだまだ余裕がありそうで、将来性がありそうです。相手は強くなりますが、ここでも良いレースができるのではと期待します。
 タイキフェルヴールを△にしました。ダートに切り替えてから2連勝して、ここに挑みます。フリオーソ産駒ですし、ダート寄りなのかも知れませんが、芝でも見どころのあうレースをしていて、適性云々以上に成長しているところを評価しています。◎にしようかなという気持ちもあったのですが、鞍上との相性を考えて△にしました。北村宏Jは、オーソドックスな騎手だと思うのですが、人気薄に騎乗している場合、諦めるのが早い印象があり、力を出し切れるのか…多少、不安があります。馬券的な妙味もあるので、狙いたい気持ちはあります。



若駒たちが成長していく姿を観て、
応援して、将来を予想をしていくのは
楽しいですね(#^.^#)



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です