【予想】天皇賞(春)

Pocket

今日の予想は、天皇賞(春)です。
淀の長距離G1です。

大好きなレースです。

それでは、予想です。



京都11R・天皇賞(春)~

◎レインボーライン
〇アルバート
▲クリンチャー

としてみました。



[短評]
 ヤマカツライデンが逃げの一手。ガンコやカレンミロティックがついていくと思われますが、競り合うようなことはなさそう。M~Sペースを予想。
 レインボーラインを◎にしました。昨年の天皇賞3着馬です。その昨年はキタサンブラックをはじめ、かなり豪華なメンバーでした。今回は昨年に比べれば、恵まれたメンバーになっていると思います。前走にG2を制していますし、この仔自身も成長もあるでしょうし、G1制覇のチャンスかなと思います。鞍上も続けて騎乗してくれていて、心強いです。期待したいです。
 アルバートを〇にしました。「長ければ長いほど強い」というユニークなステイヤーです。3,000m以上の重賞では無双していますが、G1の舞台では、これまで幾度も強敵の壁に跳ね返されてきました。G1だと厳しいのかなという思いもあるのですが、今回のメンバーを見渡すと…あれいけるかもと。これまでのG1よりメンバー的に恵まれているように思われます。重賞で幾度も好走しているように、地力があるのは間違いないです。勝ち負けまで期待します。
 クリンチャーを▲にしました。4歳で伸び盛り、これからの期待も大きい仔です。3走前の菊花賞で3着、前々走は見事G2を制しました。前走は苦杯をなめましたが、途中かかっていたこともあり、原因ははっきりしているのかなと。今回は対応してくると思いますし、期待したいなと。道悪で実績があるので、道悪ならさらにチャンスは広がるとは考えられますが、良馬場が不得意というわけでもなく、そこは問題ないのかなと思います。不安点は、鞍上です。三浦Jがうんぬんというより、予想外の乗り替わりはマイナス材料だと思います。代打成功となるといいですね。


長丁場、楽しみです♪



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください