【予想】京都大賞典

Pocket

3日連続開催最終日です。
昨晩は凱旋門賞でしたね、エネイブルが連覇。

強い牝馬が再び、という感じです。
欧州って牝馬が活躍することが多いですね。

ということで、今日の予想です。
今日は京都大賞典です。

さっそくいきましょう。



京都11R・京都大賞典~

◎ブレスジャーニー
〇シュヴァルグラン
▲アルバート
△サトノダイヤモンド

としてみました。



[短評]
 逃げ脚質タイプの仔が見当たらないです。ウインテンダネスがハナに立ちそうかなとは思いますが、スマートレイヤーがハナもあるかも。ゆったりとしたペースで3角からペースアップするレースになりそうです。Sペースを予想。
 ブレスジャーニーを◎にしました。相手強化の一戦でちょっと厳しいかなとは思いますが、ちょっと面白いかなと…願望込みです(苦笑)。行き脚がつかないので完全に末脚オンリーの勝負です。いいかな思っているのは、その唯一の武器の末脚を近走ちゃんと使えていること。前走は馬場が合わなかった、にしてもちゃんと追い上げてはいますし、それなりに力を安定して発揮できているのはいいと思います。今回、先を見据えている有力馬よりは、より臨戦態勢になっていると思いますし、Sペースになりそうで行き脚がつかないこの仔にとってはむしろいいのではないかなと思います。早めにスパートからの末脚に勝負をかけて…期待していみたいです。
 シュヴァルグランを〇にしました。現役馬のなかでは横綱大関クラスです。毎回調教で動かないタイプなので、毎回レース前には“実績は十分だけど調子は今一つ…”という評になりがちです。ただ、今回は調教の評判も悪くはないようです。地力は頭一つ抜けているかなと思います。ただ、やはり不安なのは…鞍上でしょうか。念願のダービーも制したジョッキーですが不安ですね…。
 アルバートを▲にしました。7歳、よく現役を続けていると思います。近走はG1に参戦することも多い分、今イチの着順となっていますが、やはり距離が長ければ長くなるほど無視はできない仔だと思います。近走も末脚はちゃんと使えていますし、この仔自身の能力が衰えたということはないと思います。持久力勝負に持ち込めたら、他の仔にはない魅力があると思います。鞍上がモレイラ騎手ですし、どんな競馬を魅せてくれるのか楽しみがあります。大好きで思い入れも強い仔なので、頑張って欲しいです。
 サトノダイヤモンドを△にしました。日本を代表する仔…であるべきだと思いますが、近走は今イチの内容が続いています。素質、能力は間違いない別格のものを持っていると思います。ただ気になるのはこの仔自身の“やる気”がどうなのか、海外遠征辺りからの不調はその辺にありそうです。燃え尽き…みたいになってないといいのですが。やる気スイッチ次第だと思います。今回は調教雰囲気からは良い声が聞こえてくるので、どんな走りをするのか注目です。



いい思いをして、連休を〆たいですね。



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください