【予想】秋華賞

Pocket

今日は秋華賞です。
牝馬クラシックの最後のティアラです。

歴史に残る三冠馬が誕生しそうです。

ということで、予想です。



京都11R・秋華賞~

◎アーモンドアイ
〇プリモシーン
▲トーセンブレス
△ラッキーライラック

としてみました。



[短評]
 ランドネが引っ張りそうです。ランドネの出脚が悪いようならサヤカチャンがハナを奪うでしょうし、先手候補は揃っています。それなりのペースになりそうです。例年通り直線で末脚鋭い仔が切れ込んできそうです。速めのMペースを予想。
 アーモンドアイを◎にしました。1強とも評されるほど、圧倒的な1番人気です。桜花賞とオークスを完勝した競馬を見るとそれも納得です。穴党な自分としては何かしらケチをつけて、逆転の目を探りたいのですが…やっぱり強いよなぁと。不安は休養明け、ぶっつけでのレースってことなんですけど、もともとその予定だったみたいですし、楽に坂路で1番時計を出していたりと万全そうです。シンザン記念から桜花賞への直行ローテもこれまでになかったものですし、今回も当然に勝算あってのことでしょう。国枝厩舎にも改めて注目です。桜花賞→オークス→秋華賞っていうローテも凄いですね、記憶にないです。あくまで秋華賞はステップで、その先を考えているのかも知れません。期待が膨らみます。
 プリモシーンを〇にしました。春は出遅れたりすることも多く、結果が伴いませんでしたが、休養明けの前走は見事G3を制しました。斤量は軽かったとはいえ、古馬・牡馬との重賞を制したのは大したものです。評価されていいものだと思いますが、今回はびっくりするくらいの人気薄(現在、7番人気)です。前走は課題のスタートも綺麗に切れていましたし、末脚は見事なものでした。もし◎に逆転するなら、夏の間に大きく成長した仔だと思います。それなら結果として出した、この仔が最右翼かなと思うのですが…まぁ余地があるとすれば、ですけど。いずれにしも、この人気なら馬券な妙味は大きいと思います。
 トーセンブレスを▲にしました。デビュー戦以来、おっかけているので…ちょっと意地になってます笑。ただ、G1でもしっかりと末脚を伸ばしていますし、荒削りながらも素質は秘めている仔だと思っています。前走は今イチ、というか見どころのないレースでしたが、レース前からフケが酷かったらしく、例外視してもいいのかなと思います。秋華賞は末脚が活きる展開になりやすいですし、改めて期待したいと思います。
 ラッキーライラックを△にしました。◎に主役の座を奪われてしまいましたが、最初に脚光を浴びたのはこの仔です。桜花賞2着、オークス3着は誇れる成績です。地力は間違いないですし、完成度が高い仔だなと思います。その分、早熟的な扱いにもなっていますが、自分としては夏の間にどんな上積みがあったのか、どういう成長を遂げているのか、すごく楽しみなレースでもあります。最初からぶっつけ予定だった◎と違い、一頓挫?あり、TRを飛ばしてぶっつけ本番になったのは、やはりマイナス材料でしょう。現状、準備は整っているようではありますが…。そして、鞍上がテン乗りとなるのもプラスではないかなと思います。ちょっとツイてない感じなのが勿体なく感じてしまいます。ただ、地力は間違いなく世代上位です。個人的に好感を抱いている仔ですし、期待はしてしまいます。



アーモンドアイが抜けていて、ラッキーライラックがその次、
後は団子状態だと思います。夏の間にどれだけ成長したかが
試されるレースになるのかなと思います。

3冠馬の誕生、楽しみですし…
他の仔たちの成長にも期待したいです。



うま~。

広告
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください